2018年9月19日(水)

9/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  3. 3位: 東証14時 引き続き高い、週後半の重要イベント前に買い控えも
  4. 4位: 米中貿易戦争でも株高のなぜ[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,721,921億円
  • 東証2部 98,448億円
  • ジャスダック 102,045億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.91倍15.17倍
株式益回り6.70%6.58%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株4日ぶり反落 投資家心理冷やしたロシアの影
証券部 野村優子

2017/12/4 15:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 4日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落。終値は前週末比111円87銭(0.5%)安の2万2707円16銭だった。トランプ米大統領とロシアとの不透明な関係を巡る「ロシア疑惑」が再燃し、前週末の米国株式市場が荒れたことが投資家心理を冷やした。日経平均が26年ぶりの高値水準にあるなかで投資家の多くは運用成績に余裕があり、ここから無理して投資する状況ではない。ロシア疑惑は、市場参加者が買い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

4日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム