/

豪華な山車、夜の街彩る 秩父夜祭

京都の祇園祭、岐阜の高山祭とともに日本三大曳山(ひきやま)祭として知られ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された埼玉県秩父市の秩父祭(秩父夜祭)の大祭が3日夜、同市で開かれた。夜の街を彩る豪華絢爛(けんらん)な山車の引き回しに見物客が魅入った。

ユネスコの無形文化遺産に登録された「秩父夜祭」で御旅所に到着した山車と打ち上げられた花火(3日夜、埼玉県秩父市)=共同

極彩色を施した4基の「屋台」と2基の「笠鉾(かさほこ)」の山車がぼんぼりをともし、法被姿の男女に引かれて秩父神社を出発。勇壮なおはやしを響かせながら約1キロ先の御旅所に向かった。

「秩父夜祭」で引き回しに出発する豪華絢爛な山車(3日夜、埼玉県秩父市)=共同

クライマックスは御旅所手前の団子坂。満月の輝く冬空に花火が打ち上がる中、威勢のよい掛け声とともに山車が急坂を上りきると、歓声が上がった。主催者によると、この日の人出は約30万4千人。

夜祭は約300年の歴史を持つ。昨年、夜祭を含む33件の「山・鉾・屋台行事」が無形文化遺産に登録された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン