/

この記事は会員限定です

再生医療向けiPS特許料金下げ iPSアカデミア

ベンチャー参入促し実用化後押し

[有料会員限定]

京都大学のiPS細胞関連特許を管理するiPSアカデミアジャパン(京都市)は再生医療向けのライセンス料を値下げした。企業が関連製品の売上高に対して支払うライセンス料を従来の2%から1.5%にした。再生医療は研究段階だが、治療にかかる費用は高くなるとみられる。支払額を抑えて再生医療分野へのベンチャー企業などの参入を促し、研究の加速と実用化を後押しする。

iPSアカデミアジャパンは京大などのiPS細胞関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン