/

この記事は会員限定です

日産の国内生産15%減、無資格検査響く 17年度下期

輸出分にも影響、海外提携工場で一部補完

[有料会員限定]

日産自動車が2017年度下期の国内生産計画を従来に比べ15%少ない51万台前後に修正したことが3日、わかった。国内工場で発覚した無資格検査の再発防止策が徹底できるまで、生産ラインのスピードを落としているため。同じラインで生産している輸出分にも影響は広がっており、一部車種については海外にある提携先の工場で補完生産する。

日産はこのほど取引先の部品メーカーに、17年度下期の国内生産台数を8万~9万台減らし、51...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン