2018年11月16日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

訓示・謝罪… 大相撲冬巡業、暴行問題に揺れる

2017/12/3 17:43
保存
共有
印刷
その他

大相撲の元横綱、日馬富士の暴行問題に揺れる大相撲の冬巡業が3日、長崎県大村市で始まった。今回の巡業の責任者を務める春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が力士に訓示を行ったり、土俵上で来場者に謝罪したりと、問題への対応に追われた。

長崎県大村市で始まった大相撲の冬巡業で稽古する力士ら(3日午前)=共同

暴行を受けた平幕貴ノ岩の師匠、貴乃花巡業部長(元横綱)は問題への対応などで不参加。代理の春日野親方が朝、力士に訓示を行い、自覚ある行動を求めた。暴行が起きた10月の秋巡業中の酒席に同席した白鵬、鶴竜の両横綱らも聞く中「何かあったらすぐに親方衆に報告してほしい。力士らしい振る舞いをしてほしい」と呼び掛けた。門限は設けないが、移動の際はけがなどの特別の事情がない限り、別行動を認めないとした。

会場にはほぼ満員の約4千人のファンが詰め掛けた。春日野親方は午後、協会あいさつで「心よりおわび申し上げます。防止に努め、精いっぱいの土俵をお見せします」と謝った。

白鵬、鶴竜は通常通り稽古や取組を行ったが取材に応じなかった。玉ノ井巡業部副部長(元大関栃東)によると、横綱稀勢の里ら休場した関取の中で貴ノ岩の分だけ診断書が届いていない。同副部長は「状況が状況なので、どうなっているかは分からない」と述べ、貴乃花親方に連絡を取るとした。

巡業は九州を回り、17日の沖縄県宜野湾市まで計12日間実施される。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

休場を表明し、記者の質問に答える稀勢の里=共同

 8場所連続休場を経ての9月の秋場所は10勝5敗、稀勢の里はひとまず窮地を脱した。秋巡業でも順調に稽古を重ね、「気迫が感じられた」と春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)。なのに今場所は横綱として87年ぶり …続き (0:43)

栃煌山(左)がすくい投げで高安を破る(15日、福岡国際センター)=共同

 大相撲九州場所5日目(15日・福岡国際センター)一人横綱稀勢の里の休場により横綱不在となる中、3大関がいずれも平幕に敗れる波乱。
 高安は栃煌山のすくい投げに屈し、初黒星を喫した。豪栄道は錦木に逆転の …続き (15日 19:35)

(西) (東)
安美X―X大奄
明生0―0千翔
大丸4―4荒鷲
千丸0―1阿武
隆勝0―1碧山
遠藤3―4千国
隠岐9―3佐海
豊山2―0勢 
宝富3―3大栄
松鳳6―14琴奨
貴岩1―4千大
朝山1―1阿炎
嘉風1―2輝 
…続き (15日 18:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]