/

この記事は会員限定です

天皇退位、残る課題 新元号選定、上皇の位置づけなど

[有料会員限定]

天皇陛下が2019年4月30日に退位する日程が1日の皇室会議で固まり、政府は新元号の制定作業を本格化する。選定過程は「平成」を踏襲し、19年5月1日の新天皇の即位に合わせて新元号に切り替える方針だ。天皇の退位は憲政史上初めて。政府は陛下が退位後に就く「上皇」の位置づけや新天皇との役割分担、安定的な皇位継承策など残る課題に取りかかる。

新元号の選定プロセスは「平成」改元の際の手続きを踏襲する。首相が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン