2018年11月16日(金)

吉都線の本数削減へ JR九州、来春改正で検討

2017/12/2 1:59
保存
共有
印刷
その他

JR九州が来春のダイヤ改正で、吉都線を1日11往復から3往復減らす方向で検討している。鹿児島県を走る観光列車「はやとの風」についても、毎日の運行を取りやめ、利用の多い週末などの運行へ切り替える調整をしているとみられる。JR九州は実質赤字の鉄道事業で収支改善策を進めている。

関係者への取材でわかった。JR九州の鉄道事業は2017年3月期で実質87億円の赤字で、収支改善は重要な経営課題。沿線自治体からは路線や運行本数の維持を求める要望が出そうだ。

吉都線は吉松(鹿児島県湧水町)―都城(宮崎県都城市)を結ぶ路線で、JR九州によると16年度の1日・1キロメートルあたりの乗車人員(輸送密度)は466人。22路線のうち2番目に少なかった。はやとの風は肥薩線や日豊線などを走り、吉松―鹿児島中央(鹿児島市)を現在1日2往復している。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報