/

東急、再開発ビル「渋谷ストリーム」を公開

地下鉄からの玄関口となる「アーバン・コア」(東京都渋谷区)

東京急行電鉄は1日、東京・渋谷で2018年秋に開業する再開発ビル「渋谷ストリーム」を初めて報道陣に公開した。斬新な内装や渋谷川を見下ろす眺望が特徴だ。

同ビルは東急が渋谷駅周辺で進める7つの再開発事業の1つで、旧東横線渋谷駅の地上駅と線路跡地を利用した。地下4階・地上35階建てで、延べ床面積は11万6700平方メートル。オフィスやホテル、商業施設などが入る。

地下鉄からの玄関口となる「アーバン・コア」はガラスに囲まれた大きな吹き抜けのある空間で、長さ21.5メートルのエスカレーターを備える。高層階のオフィスフロアからは渋谷川沿いに遊歩道を整備する予定の線路跡地が見下ろせる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン