2018年9月19日(水)

9/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  3. 3位: 東証14時 引き続き高い、週後半の重要イベント前に買い控えも
  4. 4位: 米中貿易戦争でも株高のなぜ[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

ポジション

フォローする

原油先物、買い越し幅最高水準 シェール企業の取引拡大

2017/12/1 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 原油先物の投機筋による買い越し幅が過去最高水準にある。石油輸出国機構(OPEC)の減産再延長への期待や、株高を受けた資金流入だけが理由ではない。米国のシェールオイル生産企業が売り買いを組み合わせてリスクを減らす取引を増やしているから、というのが有力な見方だ。背後にはヘッジを迫る金融機関や株主の圧力がある。

 米指標原油、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の投機筋による先物とオプショ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム