2018年7月17日(火)

7/17 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 続伸、約1カ月ぶり高値 食品株が高い
  2. 2位: 株 猛暑、外国人買い… 臆病な投資家の「うたげ」いつまで[有料会員限定]
  3. 3位: 輸出株、貿易戦争下で選別 米国買い中国売り鮮明に[有料会員限定]
  4. 4位: デジタルで進化する個人投資家 プロ顔負け機能を駆使
  5. 5位: ネットフリックス、成長神話に陰り 契約者数伸び悩み[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,572,868億円
  • 東証2部 98,688億円
  • ジャスダック 103,495億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.59倍15.05倍
株式益回り6.84%6.64%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,697.36 +100.01
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,720 +120

[PR]

スクランブル

フォローする

IPOラッシュは本物か 高齢化など課題解決型に注目
証券部 菊池貴之

2017/12/1 21:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 新規株式公開(IPO)市場が活況だ。12月は昨年より9社多い23銘柄が上場し、3年ぶりのIPOラッシュとなる。一部では過熱感を帯びるIPO市場だが、目をこらすと、人手不足や高齢化など、日本社会が抱える課題を解決する新たな企業群が見えてくる。待機する個人マネーがこうした銘柄に流入すれば、市場の底上げにつながる可能性がある。

 「まさかここまで上昇するとは」。IPO株投資を手掛ける都内在住の桑田正信さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新着記事一覧

読まれたコラム