/

この記事は会員限定です

狩猟機器のハンテック、捕獲時に通知するIoTセンサー

[有料会員限定]

狩猟関連機器ベンチャーのハンテック(東京・目黒、川崎亘社長)はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を使って野生鳥獣の捕獲をスマートフォンなどに通知するセンサー「スマートトラップ」の販売を始めた。シカやイノシシなどの鳥獣被害が深刻な地方自治体や狩猟者の受注を目指す。

ワイヤを使って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン