/

この記事は会員限定です

瀬戸内海を巡る「超高級旅館」 発想の原点は屋形船

鉄道や船に建築的手法(下)

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

現代建築の視点やアイデアを建築以外のフィールドに生かす──。鉄道車両や船舶で最近、建築分野の著名人にデザイン監修などを委ねる例が目立っている。建築的表現で具体化した「特別感」の演出を実例で見てみよう。今回は船を紹介する。

全客室に海を臨む大開口

広島県尾道市の港を起点に瀬戸内海を巡るかつてない観光船――。建築家の堀部安嗣氏(堀部安嗣建築設計事務所代表)がデザインを手掛けた船「ガンツウ」が、2017年10月17日に就航した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン