/

新潟・岩船沖の洋上風力発電、事業化「困難」

村上市は30日、日立造船などの企業連合が建設を計画している岩船沖の洋上風力発電所について「現時点で事業化は難しい」との見通しを発表した。日立造船は計画を無期限で中止する意向を固めた。建設などに想定以上のコストがかかるため、採算性が取れないと判断した。

岩船沖の洋上風力発電は2014年に計画が始動。10企業が参加する「岩船沖洋上風力発電事業コンソーシアム」が主体だ。当初は44基の風車を沖合に建設する方針を掲げていたが、海底の地層の状況などを理由に縮小。15基に減らした配置計画を示したうえで、採算性を検討してきた。

村上市によると東北電力の試算で発電用の設備を送配電網に接続するための工事に90億円、9年の工期がかかると判明。新工法の確立や建設費の引き下げができない限り、事業化は難しいと判断した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン