2017年12月17日(日)

人工透析への助成年1兆円超 医療費削減の焦点に

経済
2017/11/30 19:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 高齢化が進むのに伴い、低下した腎臓の機能を補う人工透析治療を受ける人が増えている。その数は30万人を超えて医療費は1兆円超となり、膨らむ人工透析のコストの抑制が医療費削減の焦点になりつつある。安定した収入が見込めるため安易に透析を導入する医療機関もあり、厚生労働省は透析の診療報酬を減額して医療費削減に乗り出す方針だ。

 透析は腎臓の代わりに機械などで体内の老廃物を人工的に取り除く治療法。一般的には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

人工透析医療医療費腎臓診療報酬厚生労働省



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報