事務派遣、最大3割値上げ 「無期」転換で待遇改善
大手提示 初年度 最大で6万人

2017/12/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パーソルテンプスタッフなど人材派遣大手が相次ぎ一般事務派遣の料金の引き上げに乗り出す。2018年4月から勤続年数が5年超の有期雇用社員の希望者を無期雇用に転換する必要があり、コスト増加分を転嫁し、待遇改善などの原資に充てる。無期雇用に転換する社員について1~3割の値上げを目指す。人手不足の中、一般事務職にまで待遇改善の動きが広がってきた。

パーソル、マンパワーグループ、アデコ、東京海上日動キャリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]