/

セガサミーの18年3月期、純利益50億円に下方修正

セガサミーホールディングスは30日、2018年3月期の連結純利益が前期比82%減の50億円になる見通しだと発表した。従来予想は60%減の110億円だった。規制の強化などで遊技機事業が想定以上に苦戦しているため。

売上高は10%減の3300億円となる見通し。従来予想(3800億円)から一転、減収となる。10月から警察庁が遊技機の射幸性を抑えるため、出玉などの検定を強化しており、「販売許可が下りにくくなっている」(同社)。18年2月には新たな規制が導入される予定で、遊技機導入を控える動きも強まっているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン