/

この記事は会員限定です

金正恩氏に透ける焦り 「核戦力の完成」誇示

国際アジア部担当部長 山口真典

[有料会員限定]

自動車工場、トラクター工場、ナマズ養殖場、化粧品工場、履物工場、果樹農場……。北朝鮮は11月29日に2カ月半ぶりに大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を強行したが、その間、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は核・ミサイル開発の陣頭指揮でなく、さまざまな生産施設の現地指導に精を出していた。「核戦力の完成」を高らかに宣言したものの、正恩氏の言動からは強まる経済制裁への焦りが透ける。

「小腸や臓器から長さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン