化石で区切る地球46億年 「チバニアン」有力、地質時代とは

2017/11/30 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球の歴史を分類した地質時代に、日本の地名としては初めて千葉の名前が刻まれる可能性が高まった。千葉県市原市にある地層が、約77万年前から12万6千年前を代表する標準地の唯一の候補に残ったためだ。今後、3段階の審査を経て正式に認定されればラテン語で千葉時代を意味する「チバニアン」の名前がつく。そもそも地質時代とはどのようなものなのだろうか。

地球の約46億年の歴史を、地層に含まれる生物の化石や気候…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]