「起業時から世界視野」44% NEXTユニコーン調査
有力スタートアップ108社 課題は国際人材獲得

2017/12/4 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が未上場の有力スタートアップ企業108社を対象に実施した「NEXTユニコーン調査」で、44%に相当する48社が「最初からグローバル展開が視野に入っている」と回答した。起業時にすでに海外に打って出る考えを持っていた。グローバル展開を目指している企業は9割を超えた。

電動バイクのテラモーターズ(東京・渋谷、徳重徹社長)は「最初から視野に入っていた」と答えた。インド、ベトナム、ネパール、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]