コンビニ成人誌追放 出版社が恐れる売り場消滅

2017/11/30 14:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオン傘下のコンビニチェーン、ミニストップが成人向け雑誌の販売中止を決めたことに、出版業界に危機感が広がっている。「表現の自由の侵害」や「検閲につながりかねない」といった問題意識だけではない。これをきっかけにコンビニの雑誌売り場が縮小し、最終的には消滅してしまうのではないかとの危機感だ。

■有害の定義、あいまい

ミニストップでは、12月1日に千葉市内の43店で成人誌の販売を中止するのを皮切りに、2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]