/

この記事は会員限定です

いまどきの買収防衛策 「株主重視」へ企業シフト

[有料会員限定]

上場企業の買収防衛策が多様化してきた。防衛策は経営陣の支配力維持に使われかねないとして株主からは不評。廃止する企業が多いが、その一方で仕組みを変えて維持する企業や、敵対的買収に備えて新規導入する企業もある。単純な導入では経営リスクを抱え込みかねないため、各社とも株主を重視した防衛策を模索し始めている。(流合研士郎、木ノ内敏久)

国内企業で買収防衛策の導入が本格化したのは、2007年にブルドックソースが米投資ファンド、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1751文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン