/

「君たちはどう生きるか」100万部 読み継がれ80年

「漫画 君たちはどう生きるか」と、その原作の新装版「君たちはどう生きるか」(ともにマガジンハウス)の発行部数が、計100万部に達することが30日までに、分かった。原作は、編集者で児童文学者の吉野源三郎(1899~1981年)が37年に刊行。岩波文庫版などで読み継がれてきた名著が、80年たって大きな支持を集めている。

「漫画 君たちはどう生きるか」(左)と、新装版の「君たちはどう生きるか」=共同

宮崎駿監督(76)が製作中の新作長編アニメは同書と同じタイトルで、この本が主人公にとって大きな意味を持つストーリーになることが明らかになっており、「ブーム」は続きそうだ。

漫画は羽賀翔一さんが描き、新装版は現代仮名遣いに改め、活字を大きくするなどした。いずれも8月下旬に発売。マガジンハウスによると、28日に決定した増刷分で、漫画が計80万部、新装版が計21万部となった。

物語は中学生の「コペル君」と、近所に住む「叔父さん」の交流を描く。コペル君は友達を裏切ってしまった出来事などを通じ、人間が持つ「自分で自分を決定する力」を発見していく。

マガジンハウス執行役員の鉄尾周一さん(58)は「良いものは時を隔てても良い。将来に漠然とした不安がある今、『どう生きるべきか』と考えている人に響いたのではないか」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン