/

この記事は会員限定です

フィリピン、経済構造に変化の芽

[有料会員限定]

フィリピンの経済が好調だ。7~9月期の実質国内総生産(GDP)伸び率は前年同期比6.9%で前期の6.7%から拡大し、市場予想の6.5%前後を上回った。およそ1000万人いる海外の出稼ぎ労働者からの送金が旺盛な国内消費を支えるのがフィリピンの経済構造だが、GDPの内訳を見ると、変化の芽も読み取れる。

「GDPに占める製造業の比率を25%以上に高めるという目標に近づいている。生産能力を広げ、雇用を創出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1562文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン