/

関西経済同友会、子どもの貧困対策で提言

関西経済同友会は29日、政府が検討を進める教育無償化を受け、子どもの貧困の連鎖を防ぐために教育投資を求める提言を発表した。小学校に入る前の就学前教育が忍耐力ややる気などその後の教育水準を引き上げる効果が高く、最優先で予算を配分すべきだとした。貧困家庭の親の就労機会を広げるため、教育無償化に加えて、待機児童問題の解消も求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン