/

術前後の写真や体験談は禁止 厚労省が医療広告の新規制

厚生労働省は29日、医療機関のホームページやインターネット広告で、手術前後の写真や患者の治療体験談の掲載を禁止する新たなガイドラインをつくった。美容医療では加工した写真などの不適切な情報がネット上に掲載されるケースが相次いでおり、患者が正しい情報に基づき医療機関を選べるようにする。2018年6月から適用する方針。

同日、開かれた有識者会議でガイドライン案を提示し、大筋で了承された。手術前後の写真の掲載は患者によって効果が変わるため、原則禁止とする。一方で、副作用のリスクや治療内容の詳しい説明があれば規制の対象外となる。

ガイドライン案では具体的な禁止広告も例示。「どんな難しい症例でも必ず成功します」「1日で全ての治療が終了します」などは虚偽広告とした。さらに、「著名人も推薦しています」など他の医療機関より著しく優れているとの誤解を与える恐れのある宣伝は、比較優良広告に当たるとし、禁止とした。

体験談については、ネット上に口コミ情報などを書いた患者が医療機関から報酬が支払われているケースを想定。口コミを見た人を特定の医療機関に誘導する意図があるため、規制対象とした。

医療の広告規制を巡っては、6月に改正医療法が成立。テレビCMや看板などのほかに、新たに医療機関のサイトも規制対象とすることが盛り込まれたため、ガイドラインを策定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン