インド携帯2社 骨肉の争い
財閥リライアンス系 兄が参入 先発の弟、経営危機

2017/11/30 0:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インド大手財閥リライアンス・ADA・グループの携帯通信事業が崖っぷちに立っている。11月上旬に携帯子会社が社債のデフォルト(債務不履行)に陥ったことなどを受け、債権者の中国国家開発銀行が同子会社の破産手続きを始めるよう申し立てた。業界再編が進むインドの携帯通信事業の裏に横たわるリライアンス財閥の兄弟の骨肉の争い。赤字に転落し、多額の負債を抱える弟の携帯事業は予断を許さない状況だ。

中国国家開発銀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]