/

この記事は会員限定です

ブルドック、買収防衛の果て「企業価値向上」置き去り

ガバナンスの掟

[有料会員限定]

創業110年を超える老舗の食品メーカー、ブルドックソースは2007年に米投資ファンドから買収を仕掛けられた。日本企業の買収防衛策の先例として耳目を集めて10年。上場企業の買収防衛策は経営陣の支配力維持に使われる恐れがあると、最近は投資家に不評だ。買収防衛と企業価値の向上がイコールではないとの認識が定着している。

財務面の体力を消耗

07年5月に米スティール・パートナーズから届いた一通の英文のファクスが買収合戦の口火を切った。スティー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン