/

ラーメン店「一蘭」を捜索 不法就労の関係先、大阪府警

大阪府警は29日、就労資格がないベトナム国籍の女が違法に働いたとされる事件の関係先として、豚骨ラーメン店「一蘭」の本社(福岡市博多区)や、女が勤務していた大阪市の店舗を家宅捜索した。

捜査関係者によると、府警南署は28日、就労可能な時間が決まっているのに4月~今月、同店でその時間を超えて働いたとして、入管難民法違反(資格外活動)の疑いで女を逮捕した。本社や店舗を捜索し、雇用状況などを調べる。

女は3月に通っていた専門学校を除籍されていた。容疑を認めている。

一蘭本社の広報担当者は「事実確認中で、お答えできない」と話している。

ホームページによると、一蘭は1993年の設立。1人ごとに仕切られたカウンターが特徴的で、国内や米国、香港などで約70店舗を展開している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン