2018年1月22日(月)

スタジオジブリ、9年ぶり社長交代 宮崎監督復帰で

サービス・食品
2017/11/29 13:00
保存
共有
印刷
その他

 アニメーション制作大手のスタジオジブリ(東京都小金井市)の社長に、三鷹の森ジブリ美術館(東京・三鷹)の中島清文館長(54)が28日付で就任したことがわかった。社長交代は9年ぶり。星野康二社長(61)は代表権のある会長に就いた。新体制で海外展開やライセンス事業、新規事業を開拓する。

スタジオジブリ社長に就任した中島清文氏

 中島氏は住友銀行(現・三井住友銀行)出身。銀行在職中にスタジオジブリを担当し、2004年に同社に入社した。05年に三鷹の森ジブリ美術館の館長に就任し、12年にわたって美術館事業に従事してきた。

 スタジオジブリでは引退宣言していた宮崎駿監督(76)が今年5月に引退を撤回。現在、新作の長編アニメーション映画「君たちはどう生きるか」を製作している。同作品は児童文学者の吉野源三郎が1937年に発表した小説に由来し、完成には3~4年かかる見通し。スタジオジブリは「宮崎駿監督の映画製作の再開をきっかけに経営体制を刷新することにした」(同社)という。

 製作部門の統括などを担当する鈴木敏夫代表取締役プロデューサー(69)は留任する。

 中島 清文氏(なかじま・きよふみ) 87年東大経卒、住友銀行(現・三井住友銀行)入行。04年スタジオジブリ入社。08年取締役。栃木県出身。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報