英王子、18年5月に挙式 一般人の参列も希望

2017/11/29 9:31
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】英王室は28日、ヘンリー王子(33)と婚約者の米女優メーガン・マークルさん(36)の挙式が2018年5月、ロンドン近郊にあるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われると発表した。

ロイター通信によると、ヘンリー王子の祖母エリザベス女王(91)をはじめ王室メンバーが参列する予定。王子らは一般人も参列できるようにすることを望んでいるとBBC放送は伝えた。ヘンリー王子の兄ウィリアム王子の妻キャサリン妃は挙式直前の18年4月に第3子を出産予定で、王室の慶事が続きそうだ。

ウィンザー城はエリザベス女王が週末などを過ごす居城。聖ジョージ礼拝堂は05年、ヘンリー王子の父チャールズ皇太子がカミラ夫人と再婚した際、挙式後の祝福の儀式に使われたことで知られる。

ロイターによると、プロテスタントのマークルさんは式に先立ち英国国教会で洗礼を受けるほか、英国籍の取得手続きも始める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]