2019年6月16日(日)

28日の衆院予算委の主な発言

2017/11/29 0:24
保存
共有
印刷
その他

28日の衆院予算委員会の主な発言は次の通り。

■川内博史氏(立民、鹿児島)

【森友学園】

川内氏 財務省は音声データを認めるか。

太田充財務省理財局長 45分間の音声データは、先方(森友側)が一方的に録音した。昨年5月半ばごろのものだ。

川内氏 (国土交通省大阪航空局によるごみ撤去費用の)算定は適切だったか。

石井啓一国土交通相 一部、慎重な検討が必要だった部分があると思う。算定方法について改善を図りたい。

太田氏 (売却を前提にした定期借地契約を結んだり、森友学園に分割払いを認めたりするなど、異例の対応を取ったのは)2012年度から16年度の間で本件のみだ。国有地売却予定価格の評価調書作成を怠っており、失念していた。誠に申し訳ない。

川内氏 過去の答弁が適切でないなら、真摯に対応するか。

安倍晋三首相 (過去の)答弁との整合性については各省でしっかりと検証してもらいたい。会計検査院の報告を受け、各省で対応する。業務の在り方を見直すことが必要と考えており、財務省と国土交通省にしっかり対応させる。私自身は、財務省が法令にのっとって適切な価格で売買していることを信頼していると申し上げた。私が調べて、私が『適切』と申し上げたことはない。

■逢坂誠二氏(立民、北海道)

【森友、加計学園】

逢坂氏 首相は傍観者のようだ。

安倍晋三首相 森友学園問題では、妻も私も値引きには一切関わっていない。加計学園問題でも、私から指示を受けた人は一人もいない。

逢坂氏 行政の私物化だ。

首相 全くそういうことはない。

逢坂氏 財務省理財局長だった佐川宣寿国税庁長官が、適切に処理しているとの発言を繰り返していた。この答弁は適切か。

太田充財務省理財局長 いろんなご指摘をいただいた。それを踏まえ、改めるべきは改めていかなければいけない。

■長島昭久氏(希望、東京)

【北朝鮮問題】

長島氏 圧力強化による暴発リスクはあるか。

安倍晋三首相 政策を変えさせるために圧力を最大限まで高める。詳細な情報収集と分析を常にしないといけない。どういう戦略を取ればいいか、考えに考え抜く。われわれが『暴発するかもしれない』とたじろげば、まさに彼ら(北朝鮮)の思うつぼになる。

【待機児童解消】

長島氏 本気で待機児童をゼロにする決意はあるか。

首相 断定的にゼロになるとは言えないが、ゼロを目指しできることを全てやる。

■井出庸生氏(希望、長野)

【性的少数者】

井出氏 自民党の竹下亘総務会長が宮中晩さん会に参加する国賓の同性パートナー出席に反対した。日本外交にも大きな影響がある。

河野太郎外相 竹下氏の話が出たとき、今年12月23日の天皇誕生日に合わせて外務省が主催するレセプションに異性、同性にかかわらず配偶者、パートナーとして接遇するよう指示した。

安倍晋三首相 国賓の場合、天皇皇后両陛下の晩さん会と首相主催の夕食会がある。首相主催の夕食会にはおこしいただければと考えている。

【農協改革】

井出氏 改革を進めるなら農家の声を取り入れて進めるべきだ。

首相 農業者や農協の方々とも真摯に向き合い、政府の規制改革推進会議の知見も活用しつつ改革を進める。

■津村啓介氏(希望、比例中国)

【金融政策】

津村氏 日銀と政府が2013年に交わした共同声明を改定すべきだ。

安倍晋三首相 経済の好循環が着実に回り始めている。確かに2%の物価安定目標は達成していないが、共同声明の内容は現在も妥当だと考えている。改定を行う必要があると考えていない。

【天皇退位】

津村氏 皇位継承の問題に関しスケジュールが共有されていない。

首相 天皇陛下の退位と皇太子の即位がつつがなく行われるよう最善を尽くす。女性皇族の婚姻などによる皇族数の減少(への対処)は先延ばしできない重要な課題だ。(退位特例法の)付帯決議の趣旨を尊重し、対応したい。

■今井雅人氏(希望、比例東海)

【森友学園】

今井氏 首相はテレビで学園前理事長の籠池泰典被告を「詐欺を働く人物」と断定的に言ったが適切ではない。

安倍晋三首相 詐欺を働いた容疑で逮捕されたのは事実で、そのことを端的に言った。有罪を前提に言ったのではない。

今井氏 籠池被告から国有地の買い取り希望額は示されたのか。

太田充財務省理財局長 金額も含めさまざまなやりとりはあった。

■後藤祐一氏(希望、比例南関東)

【森友学園】

後藤氏 財務省が国有地売却予定価格の評価調書を作成していなかった。担当者を懲戒処分にすべきだ。

麻生太郎財務相 会計検査院の指摘を踏まえ、評価調書作成の徹底を図る。今の段階で、この問題で処分することは考えていない。法令違反とは指摘されていない。

後藤氏 調書を作らなかったのはなぜか。

太田充財務省理財局長 残念ながら、全国財務局の中で、近畿財務局だけ評価調書を失念して作っていなかった例が複数回あった。

後藤氏 安倍昭恵首相夫人は学園側に100万円を寄付したのか。

首相 そういう事実はない。学園前理事長の籠池泰典被告が100万円を返すため私の自宅を訪れた。100万円の束を見せたが、98万円は白紙だったようだ。

■原口一博氏(無所属の会、佐賀)

【金融政策】

原口氏 日銀による国債の大量保有はいつまで続くのか。

安倍晋三首相 日銀には、インフレ率2%の物価安定目標に向かい政策を遂行してもらいたい。国債の借り入れは日銀が手段として選択するのであり日銀に任せている。

【サイバー攻撃】

原口氏 サイバー攻撃の危機に対し予算を確保し、国民を守るべきだ。

首相 軍事システムの妨害などを意図したサイバー攻撃によるリスクが深刻化しつつある。自衛隊サイバー防衛隊を創設するなど、国家安全保障の観点から体制の充実、強化に努めている。

■篠原孝氏(無所属の会、長野)

【加計学園】

篠原氏 獣医師の需給関係を考えれば、四国に獣医学部を新設する必要はない。

安倍晋三首相 加計学園の加計孝太郎理事長は長年の友人だが、私の地位を利用して何かをしようとしたことは一度もない。「李下に冠を正さず」で、私自身も反省すべき点は反省する。

【質問時間見直し】

篠原氏 小さな会派のわれわれが一番あおりを食っている。

菅義偉官房長官 基本的には選挙で得た議席の数によって質問時間が配分されるべきだ。

■宮本岳志氏(共産、比例近畿)

【森友学園】

宮本氏 国民が納得しないのは安倍昭恵首相夫人が語らないからだ。

安倍晋三首相 私の妻が名誉校長でも(国有地売却価格が)値引きされることにはならない。

宮本氏 一部で報道された音声データは、職員に確認したか。職員は「(新たな)ごみは国が知らなかった事実なので、そこはきっちりやる必要があるとのストーリーはイメージしている」と発言している。

太田充財務省理財局長 近畿財務局の職員が、昨年3月下旬から4月ごろに森友学園を訪問した際のやりとりと思われる。新たな地下埋設物の撤去費用の資料提出をお願いしたということだ。ストーリーという表現は適切ではなかった。

宮本氏 価格を巡って口裏合わせをしていたという驚くべき内容だ。

太田氏 口裏合わせとの指摘は当たらない。

■下地幹郎氏(維新、比例九州)

【憲法改正】

下地氏 姿勢を明確にすべきだ。

安倍晋三首相 ここまで来ると、私が何か申し上げることがかえって議論を妨げることになる危険性もある。

下地氏 教育無償化を憲法に書くべきだ。

首相 衆参両院の憲法審査会で成案にたどり着けば、それはそれで素晴らしいことだ。

下地氏 野党の声も聞くのか。

首相 国民投票は大変高いハードルだ。できるだけ多くの議員に賛成してもらった上で発議し、なるべく多くの国民の支持を得たい。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報