/

この記事は会員限定です

味の素、医薬品原料開発・生産の新拠点 19年大阪に

[有料会員限定]

味の素は次世代医薬品として注目される核酸医薬品の原料「オリゴ核酸」の開発・生産拠点を大阪府茨木市に新設する。国内のオリゴ核酸の生産拠点としては最大の規模となる。2019年2月の稼働を予定。投資額は20億円規模とみられる。味の素は現在、オリゴ核酸の受託製造で世界3位につける。生産体制の拡充で、25年までに世界首位を目指す。

オリゴ核酸などを原料とする核酸医薬品は、病気の原因に関連する遺伝子に直接作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン