2019年5月21日(火)

静岡県立大、地域貢献で首位 大学ブランド調査

2017/11/29 0:30
保存
共有
印刷
その他

日経BPコンサルティング(東京・港)は「大学ブランド・イメージ調査2017~18(北陸・東海編)」をまとめた。東海・北陸7県(愛知、岐阜、三重、静岡、石川、富山、福井)の主要65大学について49項目のイメージを同地域の在住者らに聞いたブランド力で、静岡県内では静岡大学が10位になった。項目別では静岡県立大学が「地域社会・文化に貢献している」で首位だった。

ブランド力首位は名古屋大学で、10年連続。全調査項目のうち「学部、学科が充実している」「キャンパスのデジタル化が進んでいる」など26項目でトップだった。

地域貢献のイメージが強い大学となった静岡県立大は、地域との橋渡しを担う事業統括機関「みらい共育センター」を設置している点などが評価されたとみられる。地域貢献の2位は静岡大だった。「大学のロゴなどが思い浮かぶ」では常葉大学が1位となった。

調査は8月2~31日にインターネットで東海・北陸在住の会社員、中学生以上の子供を持つ父母、教育関係者らを対象に実施した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報