高所得者の増税、与党内に慎重論も

2017/11/29 2:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党税制調査会(宮沢洋一会長)は、12月14日に予定する2018年度与党税制改正大綱のとりまとめに向け、首相官邸や公明党との調整を本格化させる。焦点の一つの所得税改革は「高所得者を狙い撃ちにしており公平性を欠く」との観点から与党内に慎重論もある。官邸や公明党は「子育て、介護世帯の増税は見送るべきだ」と指摘しており、増税時期や対象者の線引きはギリギリまで見通せない。

宮沢会長は「所得税改革は難し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]