/

「幻の駅」ライトアップ 銀座線、開業90年記念

東京メトロは28日、銀座線上野―浅草が東洋初の地下鉄として開業してから12月で90年を迎えるのを記念し、かつて銀座線にあり、幻の駅と呼ばれる「万世橋」と「神宮前」の2つの旧駅をライトアップすると発表した。期間は12月1~18日。

ライトアップされる東京メトロ銀座線の旧「神宮前」駅(東京メトロ提供)=共同

万世橋駅は現在の末広町―神田間に位置する。末広町から神田まで延伸する際、途中にある神田川の下にトンネルを掘るのは当時の技術では時間がかかったため、工事完了まで神田川手前の仮設駅として1930~31年に営業した。地上と駅を結ぶ通路は現在、通気口の役割を果たしている。

神宮前駅は表参道駅近くにあり「青山六丁目」として38年に開業。翌年「神宮前」に改称した。72年に千代田線との乗換駅になった際、千代田線の駅と同じ「表参道」に。78年の半蔵門線開業に伴い、ホームが移設され、元の駅は資材置き場となった。

旧駅への立ち入りはできず、走行中の電車から光で浮かび上がる駅の様子を楽しめる。東京メトロの担当者は「地下鉄の歴史が詰まった幻の駅を楽しんでほしい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン