/

この記事は会員限定です

パラ舞台裏、学生が支える 開幕まで1000日

[有料会員限定]

2020年東京パラリンピックの成功に向け、裏方として支える学生たちがいる。障害者スポーツの競技団体は多くが慢性的な人手不足。新聞サークルの経験を生かしPRを担ったり、会場周辺のバリアフリーの状況を調べたりと、それぞれの分野で尽力する。29日で東京大会開幕まで1000日。学生らは「自分にできることから支援していきたい」と意気込む。

11月26日、講道館(東京・文京)で開かれた全日本視覚障害者柔道大会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン