/

京都の杉が高さ日本一 62.3メートルと確認

林野庁は28日、京都市左京区の大悲山国有林にある「花脊(はなせ)の三本杉」のうち1本が、樹木としては日本一の高さとなる62.3メートルであることを確認したと明らかにした。これまで最も高いとされていた愛知県新城市にある鳳来寺の傘杉(59.6メートル)を上回った。

京都市左京区の「花脊の三本杉」。右の1本の高さが日本一と確認された(28日午後)=共同

三本杉は京都市中心部から約25キロ北の山林にある。樹齢約千年と言い伝えられ、地元の峰定寺(ぶじょうじ)の神木として信仰を集めてきた。従来、高さ35メートル程度と考えられていたが、昨秋に林野庁京都大阪森林管理事務所が小型無人機「ドローン」で簡易的に測定したところ、傘杉に匹敵する高さと判明。専門機関に依頼して詳しく調べ直した。

三本杉のうち、別の1本も60メートルを超えており、全国1位と2位の高さの樹木が1カ所に集中していることになる。同事務所は「3本が密集して育ったことで、強風などから互いを守り合ってきたのではないか」と分析している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン