防衛省、22年度に宇宙監視部隊 山口に専用レーダー

2017/11/28 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛省は2022年度に宇宙状況を監視する新部隊を自衛隊内に発足させる。宇宙空間に増加している宇宙ごみ(デブリ)や、不審な衛星の動きを探知する専用レーダーを山口県内に配備。集めた情報を東京都内の拠点で分析し、日本の人工衛星との衝突を防ぐ。米軍などとも情報共有し、宇宙空間を幅広く監視できる体制をつくる。

航空自衛隊に宇宙監視専用の部隊を新設する。デブリなどを監視できる専用レーダーを、海上自衛隊の山陽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]