2018年12月19日(水)

スペシャル

フォローする

Bリーグ、幹部人材の獲得強化 広報部長など公募

2017/11/28 15:00
保存
共有
印刷
その他

バスケットボール男子のBリーグが幹部人材の獲得に力を入れている。スポーツ界にない発想を持つ人材の確保を目指して人材サービスのビズリーチ(東京・渋谷)と協力。ファンや収益拡大の要となるマーケティング部長と広報部長の公募に乗り出した。

大河チェアマンは多様な人材確保の好機にしたいと語る

大河チェアマンは多様な人材確保の好機にしたいと語る

マーケティング部長はチケット販売などに関するデータを分析し、ファン拡大の施策を練る責任者。広報部長はメディアからの取材対応というより、会員制交流サイト(SNS)などを使ったPR戦略などを担当する。

公募のきっかけはポストが空いたからだが、Bリーグの大河正明チェアマンは多様な人材確保の好機にしたいという。日本のスポーツ団体は競技経験者を中心にした縁故採用が多い。「現役時代の成績は関係ない。スポーツに関係のない人に来てほしい。組織をたこつぼ化させたくない」と話す。

バスケ界に骨をうずめる覚悟も求めない。「ここで一花咲かせてキャリアアップしようという野心がある人でいい」。先々はリーグ事務局を先進的な組織にしたいそうで「終身雇用などの逆でいたい。家でも仕事ができるくらいにしたい」。

11月上旬までの1部(B1)の平均入場者数は前年同期比4%増。リーグ誕生の話題性が薄れる2年目にしては健闘だが、目標の10%増には遠い。「Bリーグをファッショナブルでおしゃれと思う人を増やせる人材に来てほしい」と大河チェアマン。公募は12月6日に締め切る。

(谷口誠)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
八村(右)は強豪ゴンザガ大で3年目を迎え、中心選手に成長(11月26日、ワシントン州スポケーン)

 男子バスケットボールで全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大に所属する八村塁(20)の勢いが止まらない。高校卒業後に渡米して3年目の今季は中心選手に成長し、チームも快進撃を続ける。2019年6 …続き (12/5)

大坂は今季を振り返り、「先を見すぎなくなった」という=APAP

 女子テニスの大坂なおみ(21、日清食品)の長くて熱い秋が終わった。9月8月に全米オープン女子シングルスを制してから約2カ月、経験したことのない怒濤(どとう)の日々を過ごし、年間上位8選手によるWTA …続き (10/31)

 マネジメントやチームワークを学ぶ機会として、スポーツを企業研修に活用する動きが広がっている。筑波大発ベンチャーやスポーツ関連企業が企画し、実践に基づく「組織運営」を学ぶ手法として注目されている。
 7 …続き (9/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]