2019年5月21日(火)

スペシャル

フォローする

Bリーグ、幹部人材の獲得強化 広報部長など公募

2017/11/28 15:00
保存
共有
印刷
その他

バスケットボール男子のBリーグが幹部人材の獲得に力を入れている。スポーツ界にない発想を持つ人材の確保を目指して人材サービスのビズリーチ(東京・渋谷)と協力。ファンや収益拡大の要となるマーケティング部長と広報部長の公募に乗り出した。

大河チェアマンは多様な人材確保の好機にしたいと語る

大河チェアマンは多様な人材確保の好機にしたいと語る

マーケティング部長はチケット販売などに関するデータを分析し、ファン拡大の施策を練る責任者。広報部長はメディアからの取材対応というより、会員制交流サイト(SNS)などを使ったPR戦略などを担当する。

公募のきっかけはポストが空いたからだが、Bリーグの大河正明チェアマンは多様な人材確保の好機にしたいという。日本のスポーツ団体は競技経験者を中心にした縁故採用が多い。「現役時代の成績は関係ない。スポーツに関係のない人に来てほしい。組織をたこつぼ化させたくない」と話す。

バスケ界に骨をうずめる覚悟も求めない。「ここで一花咲かせてキャリアアップしようという野心がある人でいい」。先々はリーグ事務局を先進的な組織にしたいそうで「終身雇用などの逆でいたい。家でも仕事ができるくらいにしたい」。

11月上旬までの1部(B1)の平均入場者数は前年同期比4%増。リーグ誕生の話題性が薄れる2年目にしては健闘だが、目標の10%増には遠い。「Bリーグをファッショナブルでおしゃれと思う人を増やせる人材に来てほしい」と大河チェアマン。公募は12月6日に締め切る。

(谷口誠)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
けが人続出の状況でも2大エースの一人、カリー(右)が大活躍。ウォリアーズの自信に満ちたプレーは変わらない=ロイターUSA TODAY Sports

 2018~19シーズンのNBA(全米バスケットボール協会)王者を決めるプレーオフも大詰めに近づいている。西カンファレンスではゴールデンステート・ウォリアーズ、東カンファレンスではミルウォーキー・バッ …続き (5/20)

住む地域にウルトラマラソンができたのだから、避けるわけにはいかないではないか=撮影・池田博一撮影・池田博一

 ランナーはいったい何キロ走れば満ちたりるのだろう。ランナーである私が問うのもおかしなことだが、ランナーは何キロ走れば気が済むのだろう。
 東京マラソンの発足をきっかけに爆発的なランニングブームが起こり …続き (4/3)

7日のサンダー戦で渡辺(右から3人目)は日本選手として初の2桁得点を挙げた=APAP

 米プロバスケットボールNBA、グリズリーズとツーウエー契約を結び、日本選手で2人目のNBA選手になった渡辺雄太が徐々に力を発揮し始めている。
 2018年10月27日のサンズ戦でデビュー。その後はなか …続き (2/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]