「亡き母も大喜びと思う」と英王子 米女優との婚約で

2017/11/28 10:07
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】ヘンリー英王子(33)は27日に放映されたBBC放送のインタビューで、米女優メーガン・マークルさん(36)との婚約について、母親の故ダイアナ元皇太子妃も「跳び上がって大喜びしていると思う」と語り、改めて喜びを表した。

マークルさんも王子と手をつなぎ時折見つめ合いながら、プロポーズの様子やエリザベス女王との面会について語った。

プロポーズは今月初めの夜。ロンドンのケンジントン宮殿で、2人でローストチキンを作っている時にヘンリー王子が片膝をついて結婚を申し込んだ。驚いたマークルさんは言葉を聞き終える前に「今イエスと返事してもいいの?」と尋ね、王子は逆に「(今ここで)指輪を渡してもいいかい?」と尋ね返したという。

マークルさんに贈った婚約指輪は王子がデザイン。2人が旅行で訪れたアフリカのボツワナ産ダイヤモンドのほか、「母も私たちと一緒にいる」との思いを込めてダイアナ元妃の遺品のダイヤモンドも使われている。

元妃はチャールズ皇太子と離婚後の1997年にパリでの交通事故で死去した。王子は、元妃が生きていたらマークルさんと「良い友人になっただろう」と述べた。

マークルさんは王子の祖母エリザベス女王との面会を「信じられないほど素晴らしい女性だった」と回想。王子は、自分にはほえ続けてきた女王の愛犬が、マークルさんには懐いてほえなかったとの逸話も紹介した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]