2019年4月24日(水)

メダルのリボンに有松・鳴海絞 名古屋でフィギュア大会

2017/11/27 21:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋市の河村たかし市長は27日、市内で来月開くフィギュアスケートの世界大会「グランプリ(GP)ファイナル」のメダルのリボンに、伝統工芸品の有松・鳴海絞が採用されたと発表した。

有松・鳴海絞のリボンをあしらったメダル

有松・鳴海絞のリボンをあしらったメダル

開催を記念し、中部国際空港に来月1日から、名古屋駅には同6日から、選手らが採点結果を待つ場所「キス・アンド・クライ」と同じデザインのパネルを設置する。選手気分で写真が撮れるという。

同市でのGPファイナル開催は初めて。メダルのレプリカは来月6日から名古屋駅に展示する。河村市長は記者会見で「ぜひ見に来てちょう」と話した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報