/

この記事は会員限定です

規制改革なお途上 焦点は雇用・社会保障の岩盤切り込み

[有料会員限定]

政府の規制改革推進会議は29日、待機児童、電波、林業に関する答申を示す。1日の第4次安倍内閣発足から日を置かずに打ち出し、政権の経済政策「アベノミクス」をさらに推進する姿勢をアピールする狙い。だが金融緩和と財政出動に頼る政策から脱却するには、今回の案は力不足。来夏にまとめる答申で雇用や、社会保障といった岩盤規制まで切り込めるかが焦点になる。

規制改革会議は今回、例年6月ごろにまとめる改革案の前に、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン