/

国立がん研究センター アジアの研究機関と共同体

国立がん研究センターは27日、中国(香港)・韓国・台湾・シンガポールの研究機関と共同で、新たな抗がん剤開発を目指すコンソーシアム(共同体)を設立したと発表した。アジア人に発症が多い胃がんや肝臓がんなどの新薬開発を加速する狙い。ゲノム(全遺伝情報)を調べて最適な治療法を選ぶ「ゲノム医療」などの促進も目指す。

コンソーシアムには国立がん研究センターのほか、香港中文大学医学院、プリンス・オブ・ウェールズ病院、国立ソウル大学病院、国立台湾大学医学院付設医院、国立シンガポールがんセンターが参加した。いずれも抗がん剤を生み出すための研究開発の拠点だ。

これらの機関が協力してアジア地域での国際共同の臨床試験(治験)を促進したり、製薬会社との連携を強化したりする。希少がんの新薬開発も推進する。

コンソーシアムの最初のプロジェクトとして2018年から、国内外の製薬会社2社が進行した胃がんなどの固形がんを対象にした新薬候補の治験に乗り出す。国立がん研究センター中央病院の藤原康弘副院長は「胃がんや肝臓がん、胆道がんなどは、欧米ではなくアジア主導の創薬が必要だ」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン