2017年12月17日(日)

首相「憲法審、自民党がリード」 日本会議が集会

政治
2017/11/27 19:00
保存
共有
印刷
その他

 保守系団体「日本会議」は27日、超党派の国会議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」と共に、設立20周年の記念大会を都内で開いた。安倍晋三首相(自民党総裁)はビデオメッセージを送り「憲法施行70年の節目であり、国民的な議論が深まることを期待している」と、憲法改正に意欲を表明。「自民党は憲法審査会での具体的な議論をリードし歴史的使命を果たす」と述べた。

 出席者は主催者発表によると約2千人。国会議員懇談会会長を務める自民党の古屋圭司氏は「憲法審で建設的な議論がされることを切に望む。成果を出し、実現することが国会議員に課せられた使命だ」と語った。

 自民党憲法改正推進本部の下村博文顧問は、教育無償化に関連して、義務教育を無償などと定める憲法26条について、改正の必要性を訴えた。国の政策指針となる「プログラム規定」を26条に設けることで教育投資を政府に促す改憲に言及。「来年の通常国会で党の改正案を提案できるよう頑張りたい」と語った。

 希望の党の松沢成文参院議員は「日本の将来を見据えた憲法改正議論をし、憲法改正を進めるよう、希望の党としても最大限の努力をする」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報