/

資生堂、スキンケア化粧品をオーダーメードで

来春にシステムを発売 その時々にあわせて成分を調整

資生堂は27日、スキンケア化粧品をオーダーメードで提供するシステム「Optune(オプチューン)」を2018年春に個人に発売すると発表した。1日の中でも時間や気候、体調によって肌の状態は変わる。スマートフォン(スマホ)などでデータを収集、独自のアルゴリズムでその時々に最適な乳液と美容液の組み合わせを選ぶ。

「肌に関するこれまでの研究の知見とデジタル技術を掛け合わせた」。この日の説明会で資生堂ジャパンの杉山繁和社長はオプチューンについてこう説明した。

オプチューンの利用者はスマホの専用アプリで肌を撮影、肌のきめや毛穴、水分量のデータを資生堂のサーバーに送る。さらに気温や湿度といった周囲の環境や、利用者自身の体調に関する情報も送信する。

利用者が持つ機器には、乳液や美容液が入ったカートリッジが5つ備わっている。サーバーに搭載されているアルゴリズムがデータをもとに最適な成分の種類と配合比率を計算し、機器に美容液や乳液として送り出すように指示する。機器が出す美容液と乳液のパターンは1000種類を超える。将来はスキンケアだけでなく、ベースメークなどのメーキャップ製品も扱う考えだ。

SNS(交流サイト)に印象的な写真を投稿しようとする人が増えている。その写真の中に自分の姿を入れる人も多い。そのときに肌が美しく映っていることは必須だ。1日の中でも肌の状態は微妙に変化する。資生堂はスキンケア化粧品もそれにあわせて調整する必要があると判断した。

美容に関する情報の量も急増しており、自分にあった化粧品がわからないという悩みを持つ女性も多い。データをもとにアルゴリズムが判断するという仕組みを採り入れることで、そうした悩みを解決することももくろんでいる。

まずオプチューンのβ版(試用版)を資生堂の通販サイト「ワタシプラス」でテスト販売する。反応をみながら改良を重ねる。価格や販売数量はこれからつめる。

資生堂は個人の多様な好みに合わせた化粧品の開発やマーケティングを強化している。17年1月にはスマホアプリを活用したオーダーメード化粧品開発を手掛ける米マッチコー(カリフォルニア州)を、11月には人工知能(AI)技術を持つ米スタートアップを買収している。

(企業報道部 柴田奈々)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン