丸ノ内線の旧型車両、地球の反対側から帰還
東京メトロ、技術継承に一役

2017/11/27 14:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

技術継承のヒントは初期の車両にあり――。東京地下鉄(東京メトロ)は27日、丸ノ内線の開業当初から約40年間走った500形車両を報道陣に公開した。日本での現役をいったん終えた後、「地球の反対側」で活躍していた車両だが、1年ほど前に東京メトロが「里帰り」させた。修復を経てからのお披露目となった。「懐かしさ」だけではない帰還の狙いとは。

中野車両基地(東京・中野)で公開された500形は1957年に投入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]