2018年11月16日(金)

勝負はこれから

フォローする

新人王に遊撃の2人 ミスと向き合い明日の糧に
編集委員 篠山正幸

勝負はこれから
(1/2ページ)
2017/11/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

セ、パ両リーグの新人王に、遊撃手という難しいポジションをこなした2人が選ばれた。源田壮亮(西武)と京田陽太(中日)。ともにアジアプロ野球チャンピオンシップに出場、東京五輪に向けた日本代表の主力として期待される。

新人王に選ばれ、笑顔で握手する中日の京田陽太(左)と西武の源田壮亮=共同

新人王に選ばれ、笑顔で握手する中日の京田陽太(左)と西武の源田壮亮=共同

新人王は最優秀選手(MVP)とともに記者投票で選ばれる。源田は有効投票数258票のうち252票を獲得。ともに8勝を挙げた石川柊太(ソフトバンク)、山岡泰輔(オリックス)を寄せ付けず、文句なしの当選となった。

京田は286票中208票を得た。次点の大山悠輔(阪神)が49票、3位の浜口遥大(DeNA)が27票で、こちらも厚い支持を得た。

遊撃手での選出はパ・リーグでは1997年の小坂誠(ロッテ)以来20年ぶり、セ・リーグでは2006年の梵英心(広島)以来11年ぶり。そもそも内野手で新人王に選ばれること自体が珍しく、特に高い守備力が求められる遊撃手となれば、快挙といって間違いない。

源田は143試合フルイニング出場

源田は課題とみられていた打撃でも球団の新人記録を塗り替える155安打を放った=共同

源田は課題とみられていた打撃でも球団の新人記録を塗り替える155安打を放った=共同

源田は「143試合、フルイニング出場できたことが評価されたのではないか」と話した。「毎日初めてのことばかりで。(1年に)143試合もすることが人生でなかったので」。シーズン途中、へとへとになりながらも、1年を乗り切った。

トヨタ自動車で社会人ベストナインに輝いている。守備には定評があり、課題は打撃とみられていた。プロのスピードに慣れ「(社会人時代と違い)ストレートをしっかりはじき返せるようになった」ことで、課題を克服した。

京田は売り物の走塁が評価された、と自己分析。5月24日のDeNA戦では右中間突破の長打を放つと、中継プレーのすきを突いて一気に生還(記録は三塁打と野選)、果敢かつ状況判断にたけた走塁が光った。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
日米野球第1戦で逆転サヨナラ2ランを放った柳田(右奥)を迎える稲葉監督(中央奥)=共同共同

 9日の日米野球第1戦、日本は4番への代打策という稲葉篤紀監督の好采配で勝利をもぎ取った。なりふり構わぬ用兵に、以前聞いた「決意表明」が、いかに固いものだったかをみる思いがした。
 4―6の九回裏、日本 …続き (11/13)

荒木さんは6日、記者会見で現役引退を表明した=共同共同

 今季限りでユニホームを脱いだ中日・荒木雅博さん(41)のすがすがしい笑顔が印象的だった。6日「やり切りすぎて涙も出ない」と話した引退記者会見は、辞めていく選手の多くが、ああすればよかった、まだやり残 …続き (10/30)

2012年11月、日本シリーズを制した巨人・原監督。リーグ優勝7回は巨人では川上、水原に次ぐものだ=共同共同

 巨人は3度目の監督となる原辰徳氏(60)に、来季以降の巻き返しを託すことになった。原氏が前回監督に就いた2006年は堀内恒夫監督のもとで5位に沈んだあとを受けたもの。今季も3位に滑り込んだとはいえ、 …続き (10/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]