2018年8月17日(金)

勝負はこれから

フォローする

新人王に遊撃の2人 ミスと向き合い明日の糧に
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/11/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

 セ、パ両リーグの新人王に、遊撃手という難しいポジションをこなした2人が選ばれた。源田壮亮(西武)と京田陽太(中日)。ともにアジアプロ野球チャンピオンシップに出場、東京五輪に向けた日本代表の主力として期待される。

新人王に選ばれ、笑顔で握手する中日の京田陽太(左)と西武の源田壮亮=共同

新人王に選ばれ、笑顔で握手する中日の京田陽太(左)と西武の源田壮亮=共同

 新人王は最優秀選手(MVP)とともに記者投票で選ばれる。源田は有効投票数258票のうち252票を獲得。ともに8勝を挙げた石川柊太(ソフトバンク)、山岡泰輔(オリックス)を寄せ付けず、文句なしの当選となった。

 京田は286票中208票を得た。次点の大山悠輔(阪神)が49票、3位の浜口遥大(DeNA)が27票で、こちらも厚い支持を得た。

 遊撃手での選出はパ・リーグでは1997年の小坂誠(ロッテ)以来20年ぶり、セ・リーグでは2006年の梵英心(広島)以来11年ぶり。そもそも内野手で新人王に選ばれること自体が珍しく、特に高い守備力が求められる遊撃手となれば、快挙といって間違いない。

源田は143試合フルイニング出場

源田は課題とみられていた打撃でも球団の新人記録を塗り替える155安打を放った=共同

源田は課題とみられていた打撃でも球団の新人記録を塗り替える155安打を放った=共同

 源田は「143試合、フルイニング出場できたことが評価されたのではないか」と話した。「毎日初めてのことばかりで。(1年に)143試合もすることが人生でなかったので」。シーズン途中、へとへとになりながらも、1年を乗り切った。

 トヨタ自動車で社会人ベストナインに輝いている。守備には定評があり、課題は打撃とみられていた。プロのスピードに慣れ「(社会人時代と違い)ストレートをしっかりはじき返せるようになった」ことで、課題を克服した。

 京田は売り物の走塁が評価された、と自己分析。5月24日のDeNA戦では右中間突破の長打を放つと、中継プレーのすきを突いて一気に生還(記録は三塁打と野選)、果敢かつ状況判断にたけた走塁が光った。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
今季、森は大きな故障もなく、見事に開花しつつある=共同共同

 パ・リーグ首位の西武が異例の進撃を続けている。通常はチーム防御率の順番に順位も決まってくるものだが、西武の防御率はリーグ最低の4.46。失点を補って余りある超攻撃的野球の要となるのが、5年目で正捕手 …続き (8/7)

都市対抗の現場には地域も企業も元気だった時代の日本のなごりが感じられる=共同共同

 テンポよく投げ込む投手に、しばしばみられる一塁へのヘッドスライディング――。プロ野球と同じような年格好で、技術のレベルも肉薄するものがありながら、社会人野球の試合進行のスピード感と「密度」は高校野球 …続き (7/24)

7日の楽天戦で同点の八回、勝ち越しソロを放った=共同共同

 西武の17年目、栗山巧(34)が、勝負どころの一打でチームをけん引している。昨季は10年ぶりに規定打席に到達せず、世代交代の波に流されかけたが、再び輝きを増してきた。 …続き (7/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]