/

この記事は会員限定です

薬物依存症の専門外来 再犯防止へ国立精神・神経センター

[有料会員限定]

国立精神・神経医療研究センターは薬物依存症に特化した治療拠点の整備に乗り出した。東京都小平市の病院内に9月、専門の外来を新設。地域の回復支援施設などと連携して重症度に応じた治療プログラムの提供を始めた。同センターが手がける薬物に関する研究の成果も生かす。将来は全国の医療機関に治療法を広げ、患者の社会復帰を後押しする考えだ。

日本国内には薬物依存の治療を専門とする病院が少なく、薬物事件の再犯率の高さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン