/

この記事は会員限定です

「行政文書」狭める恐れ 公文書管理指針の改定案

論点争点 メディアと人権・法

[有料会員限定]

森友学園や加計学園問題で国の公文書管理のあり方が批判されたことを受けた、内閣府公文書管理委員会(宇賀克也委員長)による管理のガイドラインの見直し案がまとまった。来年度から各行政機関の規則に反映させる。役所の恣意的な裁量の余地を狭める一方、記録内容の正確性確保を理由に、行政文書の作成・保存のたびに課長級の確認を必要とする管理強化の手続きを導入した。

一連の問題で焦点となったのは保存期間が「1年未満」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1293文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン