2018年1月19日(金)

ロヒンギャ帰還「国連と連携」 合意文書に明記
ミャンマー政府、批判に配慮か

東南アジア
2017/11/26 17:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマー、バングラデシュ両政府がイスラム系少数民族ロヒンギャの難民の帰還について締結した合意文書の中に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)との連携が盛り込まれたことが26日までに分かった。ミャンマー政府はロヒンギャ問題への国連機関の関与に否定的な立場だったが、国際社会の批判が続くなか、態度をやや軟化させた形だ。

 両政府が23日に交わした合意文書によると、「UNHCRと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報